忍者ブログ
大切な女性に財布をプレゼントする場合、「その人が自分の財布をどのような場所に入れながら動いているのか」を把握しておくことも必要になってきます。
フェンディはイタリアが誇る、世界のトップブランドのひとつです。まずフェンディと言えば、「F」の文字が二つ組み合わされた、「ダブルF」を用いた「ズッカ柄」がすぐに頭に浮かびますよね。フェンディのシンボルであるズッカ柄は、バッグやお財布などをはじめ、マフラーなどの小物類などあらゆるフェンディのラインにおいて、一番人気なモノグラムと言えるでしょう。シャネルのギャランティーカードは、今は14番台の数字で右側にはロゴマークがありますが、ナンバーが6番台のカードには印字されていません。たくさんある質屋の通信販売サイトなら、ちゃんとした正規品でしょう。例えばショップなどのポイントカードをたくさん持っているような人であれば、二つ折りの仕様よりもカード用のポケットがたっぷり備わっている長財布で、お札を折らずに入れられるウォレットが便利で売れ筋の商品となっています。

実は、今ではフェンディの象徴であるズッカ柄は、もともとは皮革製品の裏地などに使われたいたものだったのです。この裏地に使われていたデザインを、表面に出すようにしたのは1940年代の事。この辺りから、フェンディの人気は爆発的に上がって行ったのです。隠しておいた物を思い切って表に出したこのアイデアは、いかにも革新的なフェンディらしい発想ですね。キャビアスキンは、長期間人気の衰えないCHANELが発表している商品の一種です。その削ぎ落とされたモダンなデザインが長年好まれている要素のひとつでしょう。洋服をはじめバッグや財布などのファッション関連のアイテムは、生地のクオリティがどうかによってその価値が大きく異なってきますが、ほとんどの高級ブランドは、妥協を許すことなく良質な生地が使われています。クーリッシュで可愛らしいデザインや、長期にわたって使えるような好素材、積み重ねてきた歴史、ステイタスなど、結局のところ、ブランド品の品質は非常に高いものがあります。

そんなフェンディは、いかにもイタリアンファミリーらしく、家族で作り上げたブランドと言えるでしょう。創始者であるフェンディ夫妻、その娘たち、そして孫達…と、フェンディのビジネスは常にファミリーで築きあげたものなのです。もともとは毛皮で知名度を高めたフェンディですが、今でもフェンディの毛皮ラインは世界のセレブリティや王室関係者などを中心に、世界的に人気を集めています。ブランド品の魅力には、素材のクオリティが高いという点が挙げられます。ひとつの小物を見ても高級ブランドのアイテムは何年も使えますが、安物は使ってすぐにダメになってしまうのが一般的です。機能と美しさに優れたバッグを探し求めている人へ贈るのなら、フランスのブランド、アニエスベーのバッグが適しています。ファッショナブルで可愛い恋人の喜ぶ顔が目に浮かびますね。
PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリー
最新コメント
バーコード
ブログ内検索
Copyright © Diorの財布は、お馴染のDiorのロゴマークがポイントです All Rights Reserved.
Template & Illust by Karyou
忍者ブログ [PR]