忍者ブログ
大切な女性に財布をプレゼントする場合、「その人が自分の財布をどのような場所に入れながら動いているのか」を把握しておくことも必要になってきます。
[ここまでしても出会いたい]悪口です。どうして日本製の家電はあんなに野暮ったいのが多いんでしょう。やたらと大きなボタンに、緑や紫のアクセントカラー、親切すぎるひらがな情報に、高級感のギンギラ加工。こんなの部屋に置けない・・。


電気屋街に行くといつも悪意で眉問のしわが縮まります。家電もインテリアの大事な一要素。機能や値段の誘惑に妥協しては、とんでもない買い物でインテリアに打撃を与てしまいます。電気屋街で気に入った家電を見つけるのは、埋蔵金のごとく執念が必要です。何軒もお店を回り、店員の説明に耳も貸さず、たすらグッドデザインを求めて歩く。私が欲しい家電はとにかく「悪目立ちしていないこと」と「カタチがいいこと」。売らんがために主張するデザインはたいてい部屋に置いた時、他のエレメントと衝突します。家電は部屋の端役でいいから、ツヤの少ない、文字の目立たない、R処理(丸み)の上手な商品を探します。そんな女の一念が実ってか、我が家の家電はどれも主張を秘めた控えめデザィンです。足で探せば、メイド・イン・ジャノぐンにもいいのがある!外国製品で楽するなかれ。
PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリー
最新コメント
バーコード
ブログ内検索
Copyright © Diorの財布は、お馴染のDiorのロゴマークがポイントです All Rights Reserved.
Template & Illust by Karyou
忍者ブログ [PR]