忍者ブログ
大切な女性に財布をプレゼントする場合、「その人が自分の財布をどのような場所に入れながら動いているのか」を把握しておくことも必要になってきます。
この句は、元禄7年(1694年)10月に作られた芭蕉の生涯最後の発句だという。その頃、芭蕉はいさかいを続けている2人の弟子――酒堂と之道――の間に入って苦労していた。が、仲裁はうまくいかす、そのための心労も手伝って芭蕉は体調を崩して発熱、下痢などに見舞われる。10月5日、彼は現在の大阪中央区にある静かな家に居を移して静養することになるが、8日の夜になって弟子を呼び、墨をすらせて書き取らせたのが、この句だという。「旅」とは、だから文字通りの旅というよりは、「人生の旅」というニュアンスをもっているに違いない。弟子たちの仲違いを解消させようと努力することも人生の旅程の1段階だが、それがうまくいかすに病に倒れる。が、床に伏していても、弟子間の仲裁をうまくいかせる方法を“夢”にまで見て考えている師がここにいるーそういう解釈が成り立たないだろうか。

 小深氏によると、この句には同時にできた別の形のものもあったという。それは―
PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリー
最新コメント
バーコード
ブログ内検索
Copyright © Diorの財布は、お馴染のDiorのロゴマークがポイントです All Rights Reserved.
Template & Illust by Karyou
忍者ブログ [PR]