忍者ブログ
大切な女性に財布をプレゼントする場合、「その人が自分の財布をどのような場所に入れながら動いているのか」を把握しておくことも必要になってきます。
1日に公表された調査の結果によると、米国では女子大学生の4人に1人以上が卒業までに性的暴行を受けたと話している。これは以前の推定を上回っている。

 今回の調査はこの種の調査としては有数の規模。大学のキャンパスでの性的暴行がどのくらいの頻度で発生しているのかを見極めて問題に対処する全国的な運動の一環として、米国大学協会がこの春に実施し、27の一流大学の学生15万人以上から回答を得た。

 4年生になると、女子学生の26.1%が力づく、あるいは行動不能に陥った状態での強姦、あるいは性的接触(キスや痴漢行為)を経験していることがその調査でわかった。最も被害に遭いやすいのは1年生で、16.9%がそうした被害を報告している。この割合は学年を追うごとに低下し、4年生では11.1%となっている。

 調査に回答したのは対象となった78万人の学生の約19%だった。調査員らによると、回答しなかった学生は被害を報告した可能性が低いかもしれず、結果が歪められていることも考えられるため注意が必要だ。調査は匿名で行われた。

 2014年1月、オバマ大統領は2つのキャンパスの調査を引用し、女子大学生の5人に1人が性的暴行の被害を受けていると述べた。この発言がきっかけで、その統計の正確性をめぐる議論が巻き起こった。バイデン副大統領は同年8月、大学にはこの問題の大きさを把握する「道徳的責任」があると述べ、すべての大学に匿名の調査の実施を促した。
PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリー
最新コメント
バーコード
ブログ内検索
Copyright © Diorの財布は、お馴染のDiorのロゴマークがポイントです All Rights Reserved.
Template & Illust by Karyou
忍者ブログ [PR]