忍者ブログ
大切な女性に財布をプレゼントする場合、「その人が自分の財布をどのような場所に入れながら動いているのか」を把握しておくことも必要になってきます。

米南部バージニア(Virginia)州で26日に地元テレビ局の生中継中だったリポーターら2人が銃撃を受け死亡した事件で、自殺した容疑者の黒人の男が、サウスカロライナ(South Carolina)州チャールストン(Charleston)の黒人教会で9人が殺害された銃撃事件によって犯行に駆り立てられたと主張していたことが分かった。

 米テレビABCニュース(ABC News)は、バージニア州の地元テレビ局WDBJのリポーターとカメラマンが殺害された銃撃事件の2時間後に、まとまりのない内容が23ページにわたり書かれた声明文を受け取ったことを明らかにした。

 声明文には「教会銃撃が転換点だった…私の怒りは、着実に積もり積もってきた…しばらく前から私は、人間火薬庫だった。ドカーンといくのを待っていた」などと書かれていた。バージニア州の捜査当局は26日、声明文について調査を行っていると発表した。

 当局は実行犯を、WDBJの元職員ベスター・リー・フラナガン(Vester Lee Flanagan)容疑者としている。同容疑者はブライス・ウィリアムズ(Bryce Williams)の別名でも知られていた。州警察は、高速道路上の車の中で自殺を図った容疑者を発見。容疑者は後に搬送先の病院で死亡した。

 声明文の筆者はブライス・ウィリアムズと名乗っていた。また、ABCニュースに午前10時、ブライスと名乗る人物から電話があり、その日の朝に2人を撃ったと主張。当局が「あらゆる場所」で「自分の行方を追っている」と述べ、電話を切ったという。

「友人と家族に残す遺書」とのタイトルがつけられた声明文で男は、「同性愛者の黒人男性であるために」人種差別といじめを受けてきたとの不満をつづっている。

 だが、26日の殺人事件を起こしたのは、今年6月にチャールストンの黒人教会で起きた銃撃事件に駆り立てられたからだと述べている。「何故やったのか?私が銃の頭金を払ったのは2015年6月19日。チャールストンの教会銃撃が起きたのは2015年6月17日だ」「私にむちゃくちゃなことをさせたのは、教会銃撃事件だった。私のホローポイント弾には犠牲者の頭文字が刻まれている」

 ABCニュースによれば、さらに男は、1999年のコロラド(Colorado)州コロンバイン高校(Columbine High School)での銃乱射事件の犯人たちを称賛し、2007年4月のバージニア工科大学(Virginia Tech University)での銃乱射事件を起こした学生のチョ・スンヒ(Cho Seung-Hui)容疑者にも影響を受けたと主張していたという。
PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリー
最新コメント
バーコード
ブログ内検索
Copyright © Diorの財布は、お馴染のDiorのロゴマークがポイントです All Rights Reserved.
Template & Illust by Karyou
忍者ブログ [PR]