忍者ブログ
大切な女性に財布をプレゼントする場合、「その人が自分の財布をどのような場所に入れながら動いているのか」を把握しておくことも必要になってきます。
そういった人は昼も夜も、富を至上の目的として行動し、富のためにはあらゆる努力を惜しまない。彼らも富そのものに価値があると思っているわけではないが、富は自分が欲しくてたまらない幸福を手に入れるための確かな手段になるものだと考えているのである。

ところが、幸福になるために、を追求すればするほど、まして金もうけの計画や事業に成功すればするほど、最初の目的を忘れてしまう。もちろん現実には、周囲の人をこれ以上幸福にはできないかもしれない。
PR

米ニューヨーク(New York)で15日、オランダ出身の芸術家ウィレム・デ・クーニング(Willem de Kooning)の作品「無題25(Untitled XXV)」が競売にかけられ、6630万ドル(約72億5000万円)で落札された。抽象画家の作品として、また戦後の現代芸術の中でも最も高い落札額となった。

「無題25」は米国で活動したデ・クーニングの1977年の作品で、大きさは縦2メートル、横2.2メートル。

 競売大手クリスティーズ(Christie's)は当初、「無題25」の価値を4000万ドル(約43億8000万円)と予想していた。この作品は10年前にも競売にかけられたが、その時の落札額は2710万ドル(約29億6000万円)で、当時の最高記録だった。

 落札者は電話で競売に参加していたが、身元は明らかになっていない。
米女優のアンジェリーナ・ジョリー(Angelina Jolie、41)が申し立てた離婚申請に対し、夫で米俳優のブラッド・ピット(Brad Pitt、52)が返答期限を過ぎても答えていない。米芸能誌USウィークリー(US Weekly)や芸能情報サイトTMZが21日、報じた。

 ジョリーの離婚申請に対する返答期限は19日だったが、ピットは子どもたちを傷つける可能性のある法廷闘争を避け、双方の弁護士が親権をめぐって合意に至るまで公式な返答は行わないつもりとみられる。

 TMZによると、ピットは子ども6人の共同の法的および身体的親権を求めているが、親権をめぐる法廷闘争は避けたがっている。一方、和解しがたい不和を理由に9月19日に離婚を申請したジョリーは、単独の永久親権を求めている。

 ピットは今月8日子どもたちの元を訪れ、5人の子どもたちとは面会したが、この時、長男だけはピットに会うことを拒んだと伝えられている。

 この面会は、親権をめぐるピットとジョリーの暫定的合意の一環として、ロサンゼルス(Los Angeles)郡の児童家庭サービス課の仲介により、セラピストの指導の下、行われた。暫定的合意ではジョリーがロサンゼルスに借りた家で子ども6人を養う身体的親権をもっていた。だが、この暫定的合意も20日で期限を迎えている。
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリー
最新コメント
バーコード
ブログ内検索
Copyright © Diorの財布は、お馴染のDiorのロゴマークがポイントです All Rights Reserved.
Template & Illust by Karyou
忍者ブログ [PR]